エストロゲンとうるおい

女性のうるおいは、女性ホルモンのエストロゲンと深く関係しています。
エストロゲンの役割は全身の健康維持。
皮膚や粘膜のうるおい、弾力を保つのもそのひとつです。

閉経が近づき卵巣機能が低下してくるとエストロゲンも減少し膣壁、膣口のバルトリン腺から出てくる自然な潤いの減少につながります。
更年期、閉経以外でも、以下のようなときにエストロゲンが減少し個人差はありますが乾燥で悩む方がいます。

  • 産後の授乳期
  • 卵巣摘出手術
  • 乳がんによるホルモン治療
  • 抗がん剤
  • 月経不順
  • お薬や治療などで月経が止まっている方

皮膚や粘膜のハリやみずみずしさを保つエストロゲンの減少よりお肌をはじめ膣や外陰部、にも同じような乾燥がはじまり様々な症状がでてきます。

  • 膣内の分泌液の減少
  • 外性器(大陰唇や小陰唇)の萎縮
  • 膣の萎縮や膣粘膜の菲薄化(ひはくか)
  • 外陰部、膣壁のコラーゲンの減少
  • 膣の伸展性や弾力性の低下
  • 膣の衛生状態を守る酸性度の低下

上記の症状が進行すると

下着が触れるだけで、かゆみ、ヒリヒリ感、擦れた感じがするなどの不快感
性交時や婦人科の検査などの少しの刺激でも出血しやすくなる
膣炎を頻繁に起こしてしまう

これらの症状は我慢して良くなることはなく、エストロゲンの減少による体の変化で起こりうることと理解し専門医に診てもらいましょう。